脂肪の摂り過ぎが招く病気|気になる腰痛がラクになるグッズを使って快適な生活

気になる腰痛がラクになるグッズを使って快適な生活

医師

脂肪の摂り過ぎが招く病気

ドクターと看護師

食事等によって摂取された脂肪は血液によって全身に運ばれ、それぞれ必要な場所で消費されます。しかし消費しきれなかった脂肪、すなわち必要以上に摂取された脂肪はそのまま血液中にとどまります。この、血液中にとどまった脂肪の量が多すぎる状態を高脂血症といい、生活習慣病の1つに数えられています。高脂血症は注意が必要な病気です。というのも消費されなかった脂肪は体内をめぐるうちに血管の壁にくっつき、動脈硬化を引き起こす恐れがあるからです。また、血の流れが悪くなることで心筋梗塞などの原因になることもあります。現在の一般的な指標としては、LDLコレステロール値が140m/dl以上、中性脂肪値が150mg/dl以上(いずれも空腹時)だと高脂血症と診断されます。

高脂血症の原因は先にも述べたとおり生活習慣にあり、基本的には脂質の摂り過ぎです。したがって高脂血症を改善するには、まずは食事の量を減らすことからはじめる必要があります。しかし、ただ単純に量を減らすだけだと栄養不足におちいる可能性があります。そのため、バランスに注意しつつ脂肪分の多い食材を重点的に減らすよう心がけることが重要です。また、逆にコレステロールを吸収しにくくする食物繊維や酸化を防ぐビタミン類などを多めに摂取するといった工夫を行うことで、血中脂質をより効率的に減少させることが可能になります。食事制限と併せて行うべき対策は、運動です。継続的な運動によって脂肪の消費量を増やすことが体質改善につながります。