気になる腰痛がラクになるグッズを使って快適な生活

ドクター

自覚症状がないからこそ

カウンセリング

高脂血症は病院での治療が一般的ですが、発症前に予防することも十分可能です。予防策としては食事療法と運動療法の2種類が挙げられ、両方共行うことで高脂血症のみならず様々な病気を防ぐことができます。

もっと読む

楽にしてくれる

聴診器

辛い腰痛を少しでも和らげるためには、市販されているグッズを使用する方法があります。長時間同じ姿勢を取り続けると、腰に大きな負担がかかります。また、腰回りの筋肉が弱い人は、特に腰痛になりやすいとされていて筋肉を鍛えるトレーニングが推奨されています。しかし、筋肉は鍛えてもすぐに効果が出るものではありませんので、トレーニングと併用してコルセットなどのグッズを使用するとよいでしょう。立ち仕事をする前や腰に負担がかかりそうと感じる前に、コルセットを装着しておくと弱くなった筋肉の代わりに腰をサポートしてくれます。しかし、コルセットばかりに頼りすぎてしまうと筋肉が衰えてしまい、腰痛が悪化する可能性もあるので必ずトレーニングも併用するようにしましょう。腰痛の原因は多岐に渡り、人によって様々です。原因の1つに猫背による姿勢の悪さが挙げられます。姿勢が悪いと体の歪みが起こり、バランスを取ろうとして腰に負担がかかります。特に身長が高いとかがんだ姿勢になり猫背になりやすいとされています。姿勢の癖は、気をつけていても直すのは難しいものです。そこで、姿勢を矯正するグッズを使用すれば猫背による腰痛を予防します。しかし、腰痛改善のグッズを使用してもなかなか痛みが取れない場合は、一度専門医の診察を受けるとよいでしょう。原因を突き止めることで、慢性的な腰痛を改善できる可能性があるからです。また、間違った対処法は腰痛を悪化させる場合があります。医師の診断をしっかり受けて治療を行ないましょう。

脂肪の摂り過ぎが招く病気

ドクターと看護師

高脂血症は血中における脂質の割合が正常な範囲を超えて高くなる病気で、放置しておくと他の深刻な疾病を誘発するおそれがあります。脂質の値を正常に保つには食事制限によって脂肪の摂取量を減らすと同時に、運動によって消費量を増やす必要があります。

もっと読む

不健康な血液を改善

医師たち

高脂血症は血栓ができやすい状態にもなるので、大きな病気を発症してしまう可能性が高くなります。食事の影響でそのリスクを高めてしまいますが、遺伝性の原因もあるので気を付けなければいけません。

もっと読む